HOME > 事業概要

事業概要

事業内容

人材高度化事業会議
人材高度化事業会議

人材高度化事業 セミナー風景人材高度化事業 セミナー風景

  1. 組合員のためにする共同仕入、共同受注、共同販売、その他組合の事業のための共同施設。
  2. 組合員に対する事業資金の貸付け(手形割引含む)、及び組合員のためにする借入れ。
  3. 指定金融機関に対する組合員の債務保証、又は金融機関の委任をうけてする組合員に対する債務の取り立て。
  4. 組合員のためにする外国人技能実習生の共同受入れ。
  5. 組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結。
  6. 組合員の事業に関する経営、及び技術改善と向上又は、組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報提供。
  7. 組合員の福利厚生に関する事業。
  8. 労働保険料徴収等に関する規定に基づく労働保険事務組合としての業務。
  9. 損害保険代理業務。
  10. 以上の事業に付属する事業。
  11. 組合事業の一部は新潟市補助金を受けて実地しています。

新潟東地区鉄工協同組合組織図

沿革

昭和26年6月 名称を東新潟中小鉄工協同組合とし有志8企業で法人設立、初代理事長に元木元市氏が就任、組合事務所を元木氏が経営する沼垂東(株)丸三鉄工所内に設置。出資金800,000円。
昭和28年6月 品田作違氏が2代理事長に就任。組合事務所を品田氏の経営する山ノ下通り(株)品田鉄工所内に移転。
昭和34年6月 坂井広静氏が3代理事長に就任。組合事務所を坂井氏の経営する古川町(株)三広製作所内に移転。
昭和38年6月 豊島勝栄氏が4代理事長に就任。組合事務所を豊島氏の経営する宝町(資)豊島鉄工所内に移転。
昭和41年6月 東新潟中小鉄工協同組合を新潟東地区鉄工協同組合に名称変更。
昭和44年8月 秋葉通2丁目に土地を購入、組合事務所を新築し宝町豊島鉄工所内から移転。
昭和49年12月 斉藤国平氏(株)斎国製作所が5代理事長に就任。
昭和51年6月 小柳定氏(有)小柳鉄工所が6代理事長に就任。
昭和53年6月 出資金800,000円を690,000円に減額。
昭和55年6月 出資金690,000円を675,000円に減額。
昭和59年6月 高見勝平氏(株)高見工業所が7代理事長に就任。亀田地区脱退時に尽力された。
昭和63年6月 五十嵐英輔氏(株)ハトリが8代理事長に就任。
平成3年12月 組合事務所秋葉通2丁目土地建物を売却、新崎駅前現在地を購入、農地転用申請研修センター建設準備に入る。秋葉通1丁目(株)倉商殿の一部を借り受け組合事務所として業務。
平成4年7月 出資金675,000円7,050000円に増資。
平成5年6月 (株)倉商殿の組合仮事務所を宝町(株)佐野鉄工所殿の建物に移転。
平成6年7月 組合事務所及び宿舎付き研修センター完成、宝町佐野鉄工所の仮事務所を現在地へ移転、現在に至る。
平成9年7月 研修宿舎施設6室1棟増築完成。
平成9年10月 出資金7,050000円を9,900,000円に増資。
平成12年11月 組合創設50周年記念祝賀会を東映ホテルにて行う。
平成13年2月 五十嵐理事長、中国威海市人民政府経済顧問に就任す。
平成13年5月 中国派遣元の視察旅行をする。
平成18年4月 中国威海市人民政府要人を迎え、中国技術研修生受入15周年記念式典をホテル新潟で開催。
平成20年6月 友好の翼【中国山東省・威海・煙台訪問の旅】を主催。
平成23年6月 組合創立60周年記念祝賀会をANAクラウンプラザホテル新潟にて行う。
平成24年3月 出資金8,850,000円を8,400,000円に減額。
平成26年5月 坂井行雄氏ファイエス精工㈱9代目理事長に就任。
平成27年3月 出資金8,400,000円を8,100,000円に減額。

TOP PAGE